最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

データ収集からWebアプリ開発まで 実践で学ぶ機械学習活用ガイド

  • 99 読みたい
  • 41 現在読んでいるもの

発行元 門脇大輔 .

    Download データ収集からWebアプリ開発まで 実践で学ぶ機械学習活用ガイド 本 Epub や Pdf 無料, データ収集からWebアプリ開発まで 実践で学ぶ機械学習活用ガイド, オンラインで書籍をダウンロードする データ収集からWebアプリ開発まで 実践で学ぶ機械学習活用ガイド 無料で, 本の無料読書 データ収集からWebアプリ開発まで 実践で学ぶ機械学習活用ガイドオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 データ収集からWebアプリ開発まで 実践で学ぶ機械学習活用ガイド 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  吉崎亮介, 鹿野高史, 佐藤芳樹, 山口純平, 小松博
    • 発売日:  2019年09月23日
    • 出版社:  マイナビ出版
    • 商品番号:  5700000002871
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    ※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。

    ※本書内容はカラー(2色)で制作されているため、カラー表示可能な端末での閲覧を推奨いたします。


    機械学習を“実践”で使うスキルを1冊で身に付ける!


    機械学習ライブラリの発展により、機械学習のモデル構築は非常に簡単になっています。

    一方で、構築したモデルを実際に活用するにはモデル構築以外にもデータの収集、前処理、アプリの構築といったプロセスが必要になります。


    本書では、こういった機械学習を活用するための技術について包括的に学ぶことのできる書籍です。


    「機械学習の基礎は学んだけれど、実際の自分の問題をどう機械学習に落とし込んでいいか分からない」

    「機械学習のプログラムは書けるけれど、それをアプリにするにはどうしたらいいか分からない」


    といった読者にぴったりの書籍です。


    <章立て>

    Part 1

    Chapter 1 イントロダクション

    Chapter 2 Pythonのインストールと基礎

    Chapter 3 機械学習を活用するための基礎知識


    Part 2

    Chapter 4 Docker Composeを利用した機械学習システム構築

    Chapter 5 画像データを用いた教師あり学習アプリ構築

    Chapter 6 文書分類、文書要約を用いたBot構築

    Chapter 7 SNSを用いた自然言語収集基盤構築とアプリ構築


    ※本書の内容を実行するには、macOSでは10.13以降、WindowsではWindows10が必要です。

    ※なお、WindowsでDockerを使用すると、ツール側にバグが残っていたり、Windowsにインストールされている別のソフトとの干渉などによりエラーが出ることが多くあります。動作を確約できないため、本書では非推奨とさせていただきます(エラーはインターネット上の情報で解決できることもありますので検索をしてみてください)。

あなたも好きかもしれません

データ収集からWebアプリ開発まで 実践で学ぶ機械学習活用ガイド by 門脇大輔 ダウンロード PDF EPUB F2