最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

GIANT KILLING(25) (モーニングコミックス)

  • 73 読みたい
  • 68 現在読んでいるもの

発行元 ツジトモ .

    Download GIANT KILLING(25) (モーニングコミックス) 本 Epub や Pdf 無料, GIANT KILLING(25) (モーニングコミックス), オンラインで書籍をダウンロードする GIANT KILLING(25) (モーニングコミックス) 無料で, 本の無料読書 GIANT KILLING(25) (モーニングコミックス)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 GIANT KILLING(25) (モーニングコミックス) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  ツジトモ, 綱本将也
    • レーベル:  モーニング
    • シリーズ名:  GIANT KILLING
    • 発売日:  2012年11月30日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000005728
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    本領発揮する!!! 達海がいなくなり崩壊した、かつてのETU。ユナイテッドスカルズはその絶望の時期から、選手を信じて叫び続けてきた。今、不信感からフロントに詰め寄る羽田たちの前に、天敵の達海も現れ……一触即発!!

あなたも好きかもしれません

GIANT KILLING(25) (モーニング) by ツジトモ ダウンロード PDF EPUB F2

ピッチは千葉戦。前巻から続く羽田率いるETUサポーター・スカルズ誕生の話に頁が割かれる。選手批判はNG、地味でも功プレイやチームに貢献したプレイを讃えるという思いは良しだが、その分監督・フロント、他のサポーターへの一方的で過剰な物言いにはどうもひく。家庭環境による抑圧感の中、恩師の変らぬ応援”に気づきETUのサポートにのめり込んで行く羽田。自分本位の「応援」で常に力んでいて回りが見えていないことに気づいていない彼には不快感を感じてきた。先々傷が癒えてく展開だろうけど、笠野の深さや達海の俯瞰的視野と対照的(そういえば二人とも脱力系だし)。今後羽田が変っていく兆しが見えるも、それよりピッチの千葉戦が見たい。ちょっとダレる巻。