最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

警視庁情報官 トリックスター (講談社文庫)

  • 95 読みたい
  • 29 現在読んでいるもの

発行元 濱嘉之 .

    Download 警視庁情報官 トリックスター (講談社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 警視庁情報官 トリックスター (講談社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 警視庁情報官 トリックスター (講談社文庫) 無料で, 本の無料読書 警視庁情報官 トリックスター (講談社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 警視庁情報官 トリックスター (講談社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  濱嘉之
    • レーベル:  講談社文庫
    • シリーズ名:  警視庁情報官
    • 発売日:  2012年11月09日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000003972
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    複雑に絡んだ詐欺の連鎖ーー「また一つ繋がった……!」こんな警察小説、読んだことがない!汚い詐欺師(トリックスター)たちが、裏社会で手を結んでいたとしたら? 警視庁情報室の黒田は、複雑な詐欺の連鎖を一網打尽にしようと、財閥婦人、新興宗教家、大物代議士らを追及していったが……。社会の実相を見据えた描写と、警察小説史上類を見ないエピローグに度肝を抜かれる、唯一無二の情報エンターテインメント!

あなたも好きかもしれません

警視庁情報官 トリックスター (講談社文庫) by 濱嘉之 ダウンロード PDF EPUB F2

警視庁情報官シリーズ第3弾
著者は警視庁時代、オウムの捜査にも参加?されたみたいで、これまでのシリーズにも宗教団体がよく出てきましたが、第3弾では本格的に宗教団体を扱っています。相変わらず、淡々とした文章展開ですが、3作目ともなると、組織の解説話も少なくなり、だいぶ読みやすくなりました。
今回は、警視庁が武装集団に襲撃されるっちゅうことで、それなりに盛り上がったような・・・その分、リアリティがなくなったような・・・